A亜鉛がうつ病を予防する亜鉛不
Line

A亜鉛がうつ病を予防する亜鉛不足で、肌荒

A亜鉛がうつ病を予防する

亜鉛不足で、肌荒れ、傷の回復の遅延、風邪をひきやすい、などの体の不具合を起こします。
また、男性の性欲の減退、精子の形成に影響が出て精子の数が減るなども亜鉛欠乏の代表的なトラブルです。
糖尿病の人にも亜鉛不足は危険な状態だといわれています。
このように、亜鉛の不足は広範囲で体調不良を生じる事がわかっていますが、実はうつ病も亜鉛不足と大いに関係があるのではないかといわれているのです。

■うつ病の治療は、抗うつ剤より亜鉛摂取
現代社会のようにストレスの多い中で生活をしていると、うつ病を発症する人が多く、なんと20人に1人がうつ病を患っているといわれます。
うつ病という精神疾患は自分でもわからないうちに進行してしまい、気づいたときには重症化していることが多く、取り返しのつかないことになっている場合があります。
しかも、病院に行って抗うつ剤を処方されても、効果がないという人が何割もいるそうです。
最近になって、うつ病の治療は薬(抗うつ剤)にのみ頼るのではなく、栄養を考えた食事療法によって対策をすることが必要という意見があり、注目が集まっています。

精神の疾患と食事は一見何のかかわりもなさそうに思えるのですが、体を作るのは栄養が最も重要であるということから考えると、神経に関わる疾患も食事が大きく関わっていると考えるのが自然だということになります。
必須の栄養素であるミネラルやビタミン類は特に不足しがちで、ミネラルの一種である亜鉛も不足しがちな栄養素ですから、意識して毎日欠かさず摂るようにしなければなりません。
食事のメニューも良く考えみましょう。

■ストレスが亜鉛を無駄に消費する
現代人は色々なストレスに悩まされながら生活しています。
ストレスがうつ病の発生要因となるのは、ストレスを感じると肝臓内では亜鉛を原料としてメタロチオネインという物質を生産するからです。
つまり亜鉛はストレスのために無駄に消費されてしまうことになるのです。
亜鉛は精神安定に必要なミネラルであることから、亜鉛不足は精神疲労につながり、うつ病などを引き起こすくなります。
ストレスがかかりやすい、ストレスに弱い、と自覚している方は、亜鉛が不足しないように食事の内容に充分気をつけましょう。



必須ミネラルのひとつとして知られる亜鉛ですが、この亜鉛が果たす役割といえるのが、皮膚の形成です。
たとえば亜鉛不足はケガをした時の傷の直りにくさなどや肌荒れの原因になることからも亜鉛が皮膚と密接な関係にあることがわかります。
中でも特に注意したいのがアトピー性皮膚炎です。

■日本人がかかりやすいアトピー性皮膚炎

以前に比べると、アトピー性皮膚炎の患者は増加傾向にありますが、特に日本人に多い傾向といわれています。
この原因となっているのが、日本の「ミネラル不足」という土壌です。
そのため、日本人はそもそもミネラルの一種である亜鉛が不足しがちな体質であるともいえます。
成人の場合、一日に必要な摂取量は12mgですが、日本人の多くは通常の食事では9mg程度という数字もあります。
そのため、食生活がさらに乱れている現代人の場合はもっと亜鉛が不足しているといえるでしょう。
逆に亜鉛が十分に足りている場合は、皮膚も自然な潤いに満ちています。
水分を逃がしにくい状態にありますので、特別な化粧品を使うことなく美しい肌を維持できるのです。
もちろん美肌には亜鉛だけが関係しているというわけではありませんが、アトピー性皮膚炎というものが乾燥が大きく影響することを考えると、潤った状態を維持することは重要なポイントとなります。

■亜鉛を用いた治療法
アトピー性皮膚炎は、現在のところその原因や治療法について確立されている状態ではありません。
しかし、皮膚科の中でも亜鉛が有効ではないかということで治療に応用している医師が増えています。
亜鉛を摂取することで劇的にアトピーが改善されたケースもありますので、栄養バランスを考えながら亜鉛を摂取するように心がけたいところです。
そんな亜鉛ですが、おもに牡蠣などに多く含まれています。
さすがに一年を通して食べるのは難しいかもしれませんので、サプリメントなどを併用してみると良いでしょう。
続きはこちら⇒亜鉛サプリの効果
記事下挿入文字
Line